Event is FINISHED

「ママが学ぶ、ママに学ぶ」日本財団ママカレッジ 特別編 「南三陸の語り部ママが語る」

~南三陸の今、ママのための災害への備え~
Description

【お知らせ】

本イベントの開始時間に誤りがありました。表記では10:30開始となっていますが、

開始は10:00からとなりますので、お申し込みの方は、お間違いのないようにお願い申し上げます。

大変申し訳ございません。

--------------------------------------------------------

「ママが産み、育て、活躍しやすい」社会を目指す日本財団ママプロとNPO法人代官山ひまわり、社会貢献共同体ユナイテッドアース、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の4者協働でお送りする「ママカレッジ」。


東日本大震災から3年目を迎える3月11日。それを前に改めてママの皆さんと「震災」を考えたく場をつくりました。
当時の様子や災害に対する備えや心構えについて、南三陸で語り部として活動する語り部ママからお話しいただきます。

■語り部紹介・メッセージ

【高橋 志保さん】

生まれも育ちも南三陸町。

現在歌津泊浜地区在住で、現在5歳の娘、2歳の息子がいて、息子は食物アレルギー・喘息を抱えています。食物アレルギーに関して周囲の理解を得ることは難しく、とても悩んだ時期もありました。

震災時は本当に大変でしたが、東日本大震災を風化させないように、そして未来ある子どもの為にも、現在、自分の震災体験を語る活動や、減災、防災の呼びかけをしています。

そして、ママが元気になることを通して、復興の一助を担えればと思い、

20133月にママサークルもこもこを立ち上げました。

http://minamisanriku-mocomoco.o0o0.jp/#salon


工藤 望さん

私は、秋田県出身で現在は南三陸町に住んでいます。

震災で家を流されてしまいましたが、昨年8月に同町に新居を構える事ができました。

震災時、子供が小さい事もあって、ほとんど復興に関わる事ができず、とてももどかしい思いをしました。

町の復興のため、そして、震災を風化させないために、語り部をしています。

http://united-earth.jp/minamisanriku/program/

この町に触れて、防災や減災を学び、これからの子供たちがより、住みやすい環境作りを目指しています。


■開 2014222日(10:3011:15 

■開催 場所:代官山アドレス コミュニティルーム

■対象・定員ママと家族。合計30

・1歳~就学前のお子様をお連れの場合は、お話を集中して聴くために別室の見守り保育をご利用ください。また0歳時の方は保護者の方との同席も可です。

■参加費:500円
・中学生以下無料。見守り保育は定員制で別途500円です。申込みサイトよりご予約ください。


お問い合わせ:日本財団ママプロ mama100pro@ps.nippon-foundation.or.jp

        日本財団 担当 田代 080-4367-8133(当日連絡のみ)

主催:公益財団法人日本財団 ママの笑顔を増やすプロジェクト (港区赤坂1-2-2 日本財団ビル) 

共催:NPO法人代官山ひまわり社会貢献共同体ユナイテッド・アース、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-02-19 09:10:40
Sat Feb 22, 2014
10:30 AM - 11:15 AM JST
Add to Calendar
Venue
代官山アドレス コミュニティルーム
Tickets
参加チケット ¥500
見守り保育チケット ¥500

On sale until Feb 21, 2014, 8:30:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区代官山町17-6 Japan
Organizer
日本財団 ママの笑顔を増やすプロジェクト
8 Followers
Attendees
23 / 35